水と緑があるところ

J aroma(国産精油)も手がけるグリーンフラスコさんと、青森ヒバの視察に行ってきました。

 

 

 

 

 

生息地である中尊寺はじめ

 

林先生の命により

『水と緑のあるところ』

を何箇所かピックアップした

みちのくツアー。

 

 

 

 

 

 

「やっぱり、実際に足を運ぶのはえぇなぁ〜」の声を聞いて

 

 

無事運転手兼アテンドの役割を終え

ほっと一安心。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お天気も最高で、

ほんとうに気持ちよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れてよかった〜って言ったら、

 

「雨の日も植物が

生き生きしてていいんですよ」と。



 

さ、さすがです。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリーンフラスコさんは1985年創業の

自由が丘の駅近くにあるお店。


私が いわゆるケミカル寄りな美容から

植物美容というなんとも優しく

知れば知るほど興味深い世界へと

心変わりしたのも

こちらのハーブティーがきっかけでした

 

 

秋花粉で辛かったときに

ネトルのハーブティーを飲んだら

スッと落ち着いたんですよね。

あれには驚きました。

薬じゃなくて、お茶で楽になったし!

みたいな。

なにこれなにこれ。

 

幼い頃からアレルギー体質で

お肌や体調でしんどい時期も多かったから


 

それからは「自然の力・植物の力」をつかった美容やヘルスケア、ひいてはライフスタイルに丸ごと惹かれていったのは

 

今思うとごくごく自然な流れでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sakuraでは現在精油やハーブティー、お化粧水などのオリジナル商品をお取り扱いさせて頂いておりますが

 

 

自由が丘にあるショップにはもう国内外色んなセレクト品もひしめいているので、

ぜひぜひ、足を運んでみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

グリーンフラスコ 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間にして約24時間

 

沢山話を聞いたし、聞いていただいた。

 

 

 


 

 

 

(↑春に抱返り渓谷に行った時のデジャブっぽく撮りました w)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以下は林先生のご本、

「植物力をくらしに活かす 緑の医学」

より抜粋

 

 

 

’不眠症の対処療法として睡眠薬を使っていたのを、単にラベンダーの精油に切り替えるだけでなく、


それを引き起こしている背景やライフスタイルまで目をむけて、自己をボディ・マインド・スピリットの面からトータルな存在として再認識し、


自らバランスをはかることによって癒しを得る、というのがアロマセラピーの本質です'

 

 

 





 

 


ご興味あるかた、

一緒に植物美容、たのしみましょ!

 

 

 

 

 

 

Crois Salon SAKURA