private salon

ご予約の時間に合わせて

salonを整えてお客様を待つ。

ピンポーンと鳴った瞬間から

お客様色にsalonが変わる感覚は

自由が丘の頃からいまも相変わらず○

 

 

 

treatmentの前後では何かとお話をしますが、その1対1で話す時間は例え他愛のない雑談でも 私にとってはその方の魅力を垣間見れる大好きな時間になっています。

 

お1人ずつで全く異なるその魅力を それぞれ言っていってと言われたらもうとめどなく思いつく自信、アリ◎

 

 

 

クリアーな素の魅力に溢れる場所。

'private salon'の好きなところ。

 

 

 

 

様々な想いや関わりの中で

暮らしていらっしゃる中で

salon時間はそこからヒョイっと抜け出して‘今’を丁寧に見つめる調整時間...

という感じでしょうか。

私自身がサロンに予約する時は

そんな感じで

そこに区切りとリスタートとひと休み、

の気持ちを持つので

勝手にそうかなっと

想像したり、しております。

 

 

 

 

 

昨日 お久しぶりにいらっしゃったお客様が「ここに来ると‘ただいま’っていう気分になります」って言ってくださった

 

 

その次にいらした方は「いつもここを出た後はいつもの自分よりも少しポジティブになれています」って言っていらっしゃった

 

 

 

 

 

salon終了後 頂いたクッキー食べながらしみじみと。このお仕事を続けていられる環境に、感謝をしながら食べました。

 

 

 

 

 

 

こちらの方こそ

いつも学ばせていただいています。

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

Crois Salon SAKURA

 

 

コメント