水と緑があるところ

J aroma(国産精油)も手がけるグリーンフラスコさんと、青森ヒバの視察に行ってきました。

 

 

 

 

 

生息地である中尊寺はじめ

 

林先生の命により

『水と緑のあるところ』

を何箇所かピックアップした

みちのくツアー。

 

 

 

 

 

 

「やっぱり、実際に足を運ぶのはえぇなぁ〜」の声を聞いて

 

 

無事運転手兼アテンドの役割を終え

ほっと一安心。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お天気も最高で、

ほんとうに気持ちよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れてよかった〜って言ったら、

 

「雨の日も植物が

生き生きしてていいんですよ」と。



 

さ、さすがです。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリーンフラスコさんは1985年創業の

自由が丘の駅近くにあるお店。


私が いわゆるケミカル寄りな美容から

植物美容というなんとも優しく

知れば知るほど興味深い世界へと

心変わりしたのも

こちらのハーブティーがきっかけでした

 

 

秋花粉で辛かったときに

ネトルのハーブティーを飲んだら

スッと落ち着いたんですよね。

あれには驚きました。

薬じゃなくて、お茶で楽になったし!

みたいな。

なにこれなにこれ。

 

幼い頃からアレルギー体質で

お肌や体調でしんどい時期も多かったから


 

それからは「自然の力・植物の力」をつかった美容やヘルスケア、ひいてはライフスタイルに丸ごと惹かれていったのは

 

今思うとごくごく自然な流れでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sakuraでは現在精油やハーブティー、お化粧水などのオリジナル商品をお取り扱いさせて頂いておりますが

 

 

自由が丘にあるショップにはもう国内外色んなセレクト品もひしめいているので、

ぜひぜひ、足を運んでみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

グリーンフラスコ 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間にして約24時間

 

沢山話を聞いたし、聞いていただいた。

 

 

 


 

 

 

(↑春に抱返り渓谷に行った時のデジャブっぽく撮りました w)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以下は林先生のご本、

「植物力をくらしに活かす 緑の医学」

より抜粋

 

 

 

’不眠症の対処療法として睡眠薬を使っていたのを、単にラベンダーの精油に切り替えるだけでなく、


それを引き起こしている背景やライフスタイルまで目をむけて、自己をボディ・マインド・スピリットの面からトータルな存在として再認識し、


自らバランスをはかることによって癒しを得る、というのがアロマセラピーの本質です'

 

 

 





 

 


ご興味あるかた、

一緒に植物美容、たのしみましょ!

 

 

 

 

 

 

Crois Salon SAKURA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過ごした時間がつくるもの

この1週間ほどはサロン営業の傍らで

パタパタあちこち動いておりました







東京へ。

もう何年も憧れ&リスペクトのオーナーさんと

テラス席が気持ちよいカフェでお茶したり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気が合う(と、勝手に感じている)セラピストさんとの密会 in代官山/では、深い部分の共感に喜びと居心地の良さを感じたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かけつけ丸の内では

2児のママ頑張ってるすみちゃんのお誕生日をお祝いしたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリーンフラスコの林先生と

自由が丘でスイーツ食べたり(王道)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盛岡では

お勤めサロン時代のJの結婚式に参列して

先輩同期後輩が集合したり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くに転勤してた久々の友人と

久々の喫茶店で久々のビーフシチュー食べたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

、、、と。

そんな嬉しい再会が重なる中で

 

 


時間の経過とともに出来た

変わらない部分と

明らかに変わった部分。

その人らしさ、いまの空気感。

 




 

ラインや電話やSNSでは

わからないようなこと。

 





どんな空気を今まとっているの?

ねぇねぇこの数年、

何に心を動かされてきたのですか。

 




ってそんなことは聞かなくてもなんとなく、伝わってくる気がします。(ということは自分のそれも、伝わっているのよね; 

 

 

 




現状がどう ということよりも

現状とどう向き合っているのか、が、

「それ」をつくる。

(状況なんてのはころころ変わってゆくからな)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしたって憧れるのは

今いる場所できちんと前を向いて

置かれた現状を受け入れて頑張っている人。

 

 

 

なんでもなさそうな日常の中でも

なんでも無くいないきっかけが

ちゃんとあるとして、

何を選択するかでその先の色が変わるなら

 

1日1日ってなんて大切なんだろう

 

目に入るもの、人、言葉、写真、景色、環境、口にするもの、聞くものや触れる素材...

 

知らず知らず受ける影響は大きいと、改めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな事を、立ち止まってしみじみと考えてしまう程イレギュラーだった数日間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日常に戻るために、旅に出る」

 

 

最近出会った、好きな言葉。

 

外に出ると

日常が違って見えるようになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵な人に会うたびに

自分の脳内のダサさを

これでもかと思い知るのですが

そんな不甲斐なさに凹んだら

 

次はまたできるだけ

マイペースに楽しもうと思っております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちよく、毎日を重ねたいな

 

 

 

 

 




 

ps

 

今回諸々のイベントが重なる前に

裏でかなり安心の元になったのがいつもの美容院やリラクゼーションサロンの存在でした。(1つ前のブログ参照)

 

プロの手に委ねて準備をする、整える。

そんな時間に救われる、女子の裏事情よ、、

 


自己満足でよいのです。

ちょっとでも綺麗にしてたい女ごころは。

備えあれば憂いなし(ある程度は)


何がいいって、

気になるところを気になるままにしておくよりもよっぽど、気持ちに余裕と自信が生まれるところ。❤

 

 

 

 

 

 

Crois Salon SAKURA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しいもの、初秋編

 

最近の、盛岡開拓記。

 

 

 

 

 

 

明治時代に作られた南部鉄器がお出迎え、のこちらのお店は、桜山にある

ななしの庵さん。

お客様に教えていただき、すぐに予約して、母と一緒に行ってきました。

 

 

 

 

カウンター6席のお店。

大きな一枚板のテーブルや

左官さんが遊び心を潜ませて塗る藁(わら)交じりの天井や壁。趣深い器の数々。

そして目の前で繰り広げられる、

創作お任せお料理が作られる過程が

とても丁寧で丁寧で・・・


私達の'おいしい'も 'たのしい'も'わくわく'も

もうMAX値、ものすごいことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酒もお任せ。

いろいろ、いろいろ。

 

 



日本酒のラベルまで、秋。

 

 

 

それはそれは、心洗われるひとときでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜山のお店、もう一軒。

ロカーレ アーシャさん。

 

 

 

 

・・ってデザートのぶどうのタルトしか写真に残していなかったのですが、

 

こちらもその日に仕入れた食材でお料理が決まるスタイル。そしておなか具合に合わせて相談しながら作っても、下さるスタイル(!)

 

静かで落ち着いた店内で

シェフのこだわりイタリアンを食す幸せよ〜

 

ランチもあるそうです。

りんごのパスタをお勧めしていただいたので、是非また行ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜山、

すてき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと足を延ばして手代森方面。

 

山の上にあるmi cafeさん。

 

 

 

 

こちらもいつか行ってみたかったところでした。

 

雰囲気がとっても良かったです。

アップルパイの時期にまた来たいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し車を走らせて、矢巾のひまわり畑にも。

ぎりぎり、間に合った頃でした。

 

迫力満点でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

津志田のベジタリアンカフェ、

ルーニーさん。

 

 

 

 

こちらも噂には聞いておりましたが、

ものすごい量のお野菜!!

そしてボリューム。

肉卵小麦などないのにおなかいっぱい。

野菜が細長く丁寧に切られていたのが印象的でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飯岡のパン屋さん、ポルトドゥーさん。

 

 

 

 

なんて可愛いお店。。

お昼に行ったらもうすでにほぼ完売。

またリベンジしないと。

ジャージーミルクの素朴なパン、

おいしかったです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機屋さん。

今回シュークリームがなくて、

かぼちゃのケーキとチーズケーキ、お味見。

いわずもがな、おいしく頂きました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ。

 

初めて、サンフレッシュ都南(産直)に行ってみました。

そちらで見つけたイチジクで

コンポートをつくってみました。

 

 

 

 

初めてイチジクの皮を湯剥き。

へたっぴ〜。

 

季節のフルーツで作る手作りおやつって、

とっても気持ちがいいですね。

 

 

ぶどう、プラム、プルーン、梨、、

実りの秋よ。。

調達しに行く産直の安さと豊富さとフレッシュさに仰天しております今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんたくさん、

教えてくださるお客様に感謝です。

また、開拓ブログかきます。

 

 

 

 

 

 

 

Crois Salon SAKURA