ホリスティック植物療法講座4回目 ストレス社会における植物療法の展望

昨夜のセミナーの記録を。

 

昨日はアロマもバッチも含んだ総合的な内容でした。

そして全4回だったのを忘れていた。もう終わりだなんてかなしい・・

 

昨日は最後だからか、林先生とバッチの先生とホリスティック協会の先生との話が、テーマを飛び越えて繰り広げられていて

 

結構時間過ぎてたけど雑談を盗み聞きしてる気分でドキドキした

 

 

一部からの結論を私なりにまとめると、日々の健康はちゃんと自分で守ろう。って事になるのかな。コロナのせいでますます意識が日本でも高まってるって事で、難しい事はわたしもよくわかりませんが、食事運動休養。シンプルにこの3本柱がだいじ。セラピスト的にいうとボディ・マインド・スピリットの3本柱でだいじ。

 

 

 

 

ここからは、セミナーの内容記録からは外れた事を書きますが

 

バッチの先生の話の中で、それをお客様にお伝えする時の心の持ち方としておっしゃってた事が、そのままサロンワークを生業としている自分がもつスタンスとして本当にもう、これが答えですといわんばかりの内容でぶんぶんうなずいてた。なぜならそれは私、この12年ちゃんとそう思っていましたです。っていう内容だった。

 

思ってたしそう言動していたけど意識してなかったっていう部分、つまり人の無意識、に通じる部分の言葉をスラスラと言語化できる方にとても憧れる。ノウハウとはまた違うやつ。

どうしたら身につくんだろう?つみあげた時間と経験と、あくまで自分自身の感覚での精査かなぁ。。刺激的だ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に昨日のセミナーを振り返ると、日々のストレスケアに植物療法(アロマ・ハーブ・バッチ・そして森林浴やタラソテラピー、アーユルヴェーダに中医学、シュタイナー医学とかの植物ベースのものも)は大変効果的であるということ。

 

QOL(クオリティof ライフ)を自分で上げてこってこと。これらは副作用ないから、気軽に自分で取り入れやすいよってこと。

 

 

気になる方はご一緒しましょう。💛

ご質問などあればsalonやLINEで直接どうぞ。

 

 

 

 

 

 

このセミナーの受講を決めた5月はちょうどsalonも休業したりして最もカオスを感じていた頃でした。このころ。

 

基本に戻って学ぶという選択をしてよかったと今では心から思いますし、そこから派生する興味の幅も広がっています。開催して下さった先生方、どうもありがとうございました。

 

 

blogにての記録(独自感想メインですが...)にもお付き合いくださりありがとうございました。

 

セミナー1回目 最新情報や欧米での状況

セミナー2回目 国産精油の開発と活用

セミナー3回目 バッチフラワーレメディの実際

セミナー4回目 ストレス社会における植物療法の展望

 

 

 

Crois Salon SAKURA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ps

 

バーム欲しいよLINEありがとうございます🤗

 

 

 

 

お取り置き含めてあと残り2個🌝💝

※定数達しました!LINEありがとうございました♡

 

 

 

 

昨日からこのスタンプで、お取り置き完了✨の合図とさせて頂いております

 

ホリスティック植物療法講座3回目 バッチフラワーレメディの実際

月1でzoom参加してるセミナー、3回目。

 

 

 

7月はバッチフラワーレメディについて。

 

 

 

実をいうとこのトピックが、私の中では受講動機の大部分を占めていた。

 

いつかちゃんと体系的に学びたいと思っていた内容だったのでした。

 

 

ちょっとこころのケアにぎゅいーんと寄っていくのでなかなかblogにも落とし込めずにいたのですがやっぱり飛ばさず記録しておきたいので少しずつ書き始めていきますね。

 

 

 

 

バッチフラワーレメディってひとことでいうと自分の中にあるネガティブ感情に向き合うツールです。

 

 

こういう小瓶を使います🌿全部で38種類あるんだけど、その中で、選んでいきます

 

 

それを毎日朝晩、摂取するっていうやり方。

 

 

 

 

 

まず私の中での大前提として、個々のこころのケア、セラピーって手段はたくさんあっていいと思っているんです。

バッチはその中の1個って感じの解釈。

 

(あ、必要ないならそれに越した事はないのだけど〜けど悩みの大きさに大きいも小さいもなく、cocoro careが必要な事は恥じる事ではないと声を大にして言いたい。きっともっとライトに身近に、とらえていい。よね)

 

 

 

 

私がバッチの存在を知ったのはもう随分前になりますが、(グリーンフラスコさんのお店の一角にあるから!)でもちょっと踏み込めずにいた。概念がわかりづらかったんだもん。

 

 

でも、ちょっと10数年かけて、私の中でとある部分とあらゆる方法で向き合ってきたことがあり、解消できるなんて思ってもいなかった事が特にここ1年で最終的に解消できたりした経験があったので、

 

そろそろいいかも。と今回は講座開催のお知らせがいいきっかけになりました。

 

 

 

そういう、ある種ひと段落に差し掛かるタイミングだったからこそ、感情や思考に関して、わかりづらいっしょと思っていた概念がするする入ってきたし、学び→腹落ち、が早かったと感じています。

 

なにごとも受け取る準備って、私は結構時間がかかるタイプかも。いつでも良くはない。押し付けられて入るものでもなければ、単に年齢でもない。そんな双方のタイミング次第なとこ、ある。

 

 

 

そんな特徴をもはらむ、cocoro care.

 

 

 

あくまで自然な方法によって自らの中に自然と治癒が起こる方法として、そして信頼するグリフラさんの林先生繋がりの専門家の方からの講座なら、っていう複数の要因が絡まり受講に至りましたが(林先生がハーブ界で元祖な方なのでおのずと信頼度が高くって。)

 

 

最終的な目的としては自分で自分の存在を認められたり受け入れられたりとか、現在に幸福感を感じられたり、未来に希望を持てる精神状態にやんわりと着地できるならきっと感情の混乱って解消されて、そのための手段の1つなんだって思った。

 

だからバッチを通して体系的に使える引き出しがこれから1つ増えそうな事が嬉しい、という感覚。武器とかお守り的な☺

 

 

 

 

講座後から自分も取り入れてたレメディは計4本。

 

 

興味深い時間でした(あ、今も進行形)

あぁ、こういうことかcocoro careって。という自己感覚があったことが素直にうれしい。

 

到達点だけ書くと魔法かい!って感じかも?言語化が課題だなぁ

 

 

 

 

結局のところ、(とまとめるのはずいぶん雑な気がするけども)いかにシコリとなる部分と対峙するかかなと。

 

これは…簡単なことではない。でもそうやって向き合おうと決めたところからもう、癒しは始まっているそう。

向き合わなかったら、ずっと解消しないまま。

 

 

結果以上に過程が大事、ということも結構な思考の転換ポイントで、

 

たしかにそう捉えた方が腰を据えて長期スパンで向き合える点でも楽だなーとおもいました。

結果が1番って思ってるままではきっと難しい。

 

 

で、感情は玉ねぎの皮のように何層にもなっている事が多い。ゆえに核は隠れているし、自分で気づかない部分だったりするから、そんな時に第3者のサポートは効率的。

 

 

 

同じ事象に対してでも人によって解釈はまったく異なるのは思考の癖がからむから。

 

だからこそ

 

自分はどんな解釈をしているか?を俯瞰できる視点が必要。

 

 

 

 

 

一言でまとめるとバッチはそれが出来るツールですかという質問をあとで事務局に届けたら

 

よくできましたとOKいただいた。

 

 

 

 

そっか。抽象的で、優しい解釈を含むのこの感覚が、今の私にとってものすごく心地よくて興味深い。

 

 

photoby michi

 

 

 

 

 

 

body,mind,spilit

身体性と精神性。

 

 

これらのバランスを整える事は美しさにも健康予防にもつながるから、サロンワークをする身として根気強く学び続ける気持ちでいたいな。なんかある意味、ながーいながい旅してるみたい。

 

 

 

 

バッチはもう少し自分の中で煮詰めたら、サロンのメニューにもあげたいと思っているのでよろしくです。😊

 

 

 

 

Crois Salon SAKURA

 

インスタ

さくらじお

 

 

 

 

 

 

season menuも折り返し地点*

 

ラベンダーとフランキンセンスが絶妙にスッキリとリラックスをくれるので私もお気に入りのmenuになりました。

 

 

通常メニューは45min.70min.90min.からお選び下さい✨

 

新しくスタートしたポイントケアはお着換え・足湯なしのショートVer.

 

ぜひ、ご気分やご体調に合わせてお選び下さいませ*

 

 

 

これをUPするのは8月1日。

新しい月もどうぞよろしくお願い致します🧺✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホリスティック植物療法講座2回目 国産製油の開発と活用

 

 

 

時間がたたないうちに感じた事を中心にざっくりメモメモ。

 

第2回目はまるっと精油の話、特に国産精油に関してのお話でした

※元々アロマやハーブはイギリス経由で日本にやってきましたが近年は国産精油も人気。(柚やヒノキや青森ヒバに月桃等)

 

 

 

 

国産も海外のもですが精油を作る時って、水蒸気蒸留法などを用いてあの1本の小瓶に詰める1摘1摘を気が遠くなるような量の植物たちから作られている。そう考えると1摘を使うにももうありがたみが湧き出ますがそんな背景も改めて頭に置きながら使うとより、1本の精油をじっくり味わえます。

 

植物も有限、作る生産者の労力もまた大変なもので、

 

今は植物成分が入る商品は様々に手に入りやすくなっているけど、なぜそれを使うのか、どう使うか。無駄にしていないか。どんな恩恵を受けているか。1つの商品が目の前にある背景にある存在にちゃーんと思いを馳せて使おうと思った回でした。

 

メントール(ユーカリやペパーミントetc)には空気の浄化や呼吸器系に働くし、柑橘系(オレンジやベルガモット)は気分を明るくしてくれるし、ラベンダーの安眠効果は凄いし。森林にいかなくても森林浴のようなリフレッシュを室内で感じられて心身が緩んだりも出来る。すご。で、こういう効果効能から攻める科学的な観点も大事だし、でも「なんかこの香好きなんだよ〜!」の感覚100なところもまた楽しむための醍醐味よねってはなし。

 

 

 

精油1摘の活用方法はサロンではもちろん日常にもどんどん使っていこう^^

 

 

 

バラの季節ですね〜

 

 

 

 

日常では例えばマスク用スプレーもいいし枕に1摘落とすのも今や欠かせないし部屋の香はユーカリ×ベルガモットがお気に入り。

みなさまはどんな風に日常に取り入れていますか?案外手軽ですよね、やってみると。

 

コロナで随分と変化が続く今ですが、心を穏やかに保つには自然の恵みをお借りするの、とってもお勧め。〇〇のようにしないとと比較するのではなくただ自分の中に戻ると。

 

そうして美味しく栄養価の高いものを進んで食べれて、ぐっすりまとまった時間眠れて休められたらもうそれでよいじゃないか〜情報過多だし色んなストレスや不満を抱えた時にも、ひとまず大丈夫だなるようにしかならぬと、させてくれる無敵パワー。

単純に、香りが最高に癒されるしな!

 

 

 

ps

2018年。国産精油を生んだ林先生と、青森ヒバを拝みに中尊寺に行ったときのblog。

水と緑があるところ

 

 

 

ps2

最近はじめた声のSNSでも、植物美容について少しずつ更新してるのでぜひお耳のお供にどうぞ👂🏻

sakuradio

 

 

 

 

 

というわけで。3回目の講座も楽しみです^^

ご飯かっこんで5分後には盛岡にいながらにして東京へワープ!感が未だわなわなと感動してしまいます・・

zoomさまさま。ネットさまさま。

東京には、行けるならすぐにでも遊びに行きたい!けどもうしばらく我慢ー

 

ではでは🌿

 

 

 

Crois Salon SAKURA

 

 

 

 

 

 

 

※現在salonでは感染症対策をしたうえで営業を再開しております。

換気を充分にしながらのプライベート空間ですのでいらした際にはごゆっくりお過ごしくださいませ